寝台特急トワイライトエクスプレスの時刻表

寝台特急トワイライトエクスプレスの停車駅と時刻表

寝台特急「トワイライトエクスプレス」の時刻表をJR時刻表平成24(2012)年3月号をもとに作成しました。

なお、停車駅や時刻、発着ホームはダイヤ改正や遅れ等によって変更になる場合があります。

 

1.始発駅と終着駅の時刻

トワイライトエクスプレスの上下列車の大阪と札幌の発着時刻です。

上下列車番号発着時刻
下り8001大阪11:50発→札幌9:52着
上り8002札幌14:05発→大阪12:52着


2.始発駅の発車ホームと入線時刻

トワイライトエクスプレスが始発駅に入線するホームと時刻です。

上下駅入線ホームと時刻
下り大阪駅 10番ホームに11:11分入線
上り札幌駅 4番ホームに13:49分入線


3.各停車駅と発着時刻

トワイライトエクスプレスのすべての停車駅と発着時刻です。

下り

列車番号 8001
大阪1150
新大阪1155
1156
京都1224
1225
敦賀1346
1348
福井1440
1440
金沢1537
1540
高岡1614
1614
富山1630
1631
直江津1757
1759
長岡1856
1858
新津1937
1939
洞爺718
718
東室蘭752
754
登別811
812
苫小牧850
850
南千歳910
911
札幌952
上り

列車番号 8002
札幌1405
南千歳1439
1439
苫小牧1459
1500
登別1533
1534
東室蘭1548
1550
洞爺1623
1633
新津433
440
長岡517
529
直江津625
627
富山801
803
高岡818
818
金沢849
851
福井954
956
敦賀1036
1052
京都1215
1218
新大阪1247
1248
大阪1252

4.下り列車で運転停車する駅

トワイライトエクスプレス下り列車で運転停車で停車する駅です。

なお、これらは時刻表上では「レ」(通過)となっています。

近江舞子、鯖江、酒田、女鹿、秋田、大久保、大館、弘前、蟹田
機関車付替えのための停車青森、五稜郭

下りのトワイライトエクスプレスは、女鹿で寝台特急 あけぼのと交換します。

ダイヤが大幅に乱れたときには函館に乗り入れることもあります。

5.上り列車で運転停車する駅

トワイライトエクスプレス上り列車で運転停車で停車する駅です。

なお、これらは時刻表上では「レ」(通過)となっています。

稀府、蟹田、津軽新城、弘前、大館、大久保、秋田、酒田、越後早川
芦原温泉、大津京
機関車付替えのための停車五稜郭、青森

ダイヤが大幅に乱れたときには函館に乗り入れることもあります。

 

6.トワイライトエクスプレスの運転上の特徴

(1) 時刻表の上での通過区間が最も長い列車です。

トワイライトエクスプレスは、上下列車とも新津〜洞爺間で客の乗り降りは行われず、JRの旅客列車では時刻表の上での通過距離・時間が最も長い列車です。

通過距離は下り列車が768.3km、上り列車が781.1km。通過時間は下り列車で11時間39分、上り列車は12時間です。

 

(2) 青森と五稜郭で2回進行方向を変えます。

大阪発を基準とすると、青森〜五稜郭間で逆編成となります。

ですから、青森〜五稜郭間では、1号車のスイートの前に機関車(ED79形交流電気機関車)が連結されます。

 

(3) 函館には入らず、五稜郭で機関車を交換します。

ただし、ダイヤが大幅に乱れたときには函館駅に乗り入れることもあります。

 

(4) 後続列車に抜かれる回数が多いです。

トワイライトエクスプレスは後続列車を待避する回数が多い列車です。

トワイライトエクスプレスは走行距離が長く、その運行区間に「サンダーバード」や「スーパー北斗」など優等列車がたくさん存在するためです。

下り札幌行き列車は近江舞子と鯖江で後続の「サンダーバード」に、上り大阪行き列車は洞爺で「スーパー北斗」に、青森で「スーパー白鳥」、芦原温泉・敦賀・大津京で「サンダーバード」に抜かれます。

上り列車はさらに、長岡で12分、敦賀で機関車交換のために16分とやや長い停車時間があります。

このため、上り大阪行きは22時間47分となり、下り札幌行きは22時間2分に対し、所要時間が45分長くなっています。

 

(5) 長距離列車ならではのすれ違いが2度あります。

夏休みなど毎日運転される場合、トワイライトエクスプレス上下列車でのすれ違いが、奥羽本線大久保と東海道本線西大路〜京都間の2か所で見られます。



リンクには、楽天市場・楽天ブックス・楽天トラベルなどのアフィリエイトリンクもあります。

 
トップページ サイトマップ 商品・サービスについて