寝台特急トワイライトエクスプレス用車両の保存と展示

寝台特急トワイライトエクスプレス用車両の保存と展示

平成27(2015)年3月12日で廃止された寝台特急「トワイライトエクスプレス」用の24系客車は人気がありました。


JR西日本の真鍋精志社長は平成27(2015)年3月18日に定例記者会見で京都鉄道博物館(京都市下京区観喜寺町)で保存・展示する考えを表明しました。


京都鉄道博物館にて展示・保存される車両はスロネフ25 501・スシ24 1・EF81 103(トワイライトエクスプレス色)・オハ25 551・カニ24 12の5両です。


これらの5両は平成27(2015)年4月29日の京都鉄道博物館開館までに展示・保存に向けた整備が行われました。


平成28(2016)年10月現在、同館トワイライトプラザに、EF81 103(トワイライトエクスプレス色)・スシ24 1・スロネフ25 501の順に縦列で、展示引込線にオハ25 551・カニ24 12が1両ずつ展示・保存されています。



リンクには、楽天市場・楽天ブックス・楽天トラベルなどのアフィリエイトリンクもあります。

 
トップページ サイトマップ 商品・サービスについて